医療の発展で新たな視力回復、オルソラケラトロジーは今後より人気が高くなっていくんじゃないでしょうか。

いろいろな治療法 みんなの視力回復体験談
いろいろな治療法 みんなの視力回復体験談

医療の発達で新たな視力回復

いろいろな治療法 みんなの視力回復体験談
寝ている間に特殊なハードコンタクトレンズを装着して、角膜の形状を整える新しい近視矯正法、オルソケラトロジーと言う治療方法が関心を高めているんじゃないでしょうか。日中は裸眼で過ごせるという点は、今までの眼科医療に関して、視力矯正は無かったと思います。
この製造販売は未認可かどうか分かりません。以前はそうだったので、保険は適用されませんでした。
仕組みは、遠くの物が見えづらいのが近視。カメラの構造に例えて見ると、レンズの役割をする角膜と眼球内の水晶体を通る時に屈折した光が、フィルムとなる網膜に届く手前でピントが合ってしまい、ぼやけて見える現象と同じです。

オルソラケラトロジーは、角膜に特殊なハードコンタクトレンズを着代氏、角膜のカーブを矯正する事で、視力の回復を図る方法であり、簡単に言えば目に着けるコルセットの様なものと考えれば良いんじゃないでしょうか。レンズを着用するのは睡眠時。個人差もありますが、6時間程度の装着で、翌日の日中は裸眼で過ごせるほど回復する様です。

先ず必要なのが適応検査。近視や乱視の度合いの検査を行い、通常の視力検査と同じです。

加えて、眼球の硬さや角膜の計上を測ります。
一般的に乱視の強い人は適さず、使用できない場合があり、加えて近視の度数が強い人も効果が無い様です。

レンズは200種類以上あり、保管や付けはずしの注意点の説明を受けます。
このオルソラケラトロジーの特徴として、着用により近視の進行を抑える事も出来るようです。

レンズの耐用年数は普通のハードコンタクトレンズと同様3年程です。

先ほども言いましたが、未認可ですので10数万ほど請求される事もあります。

医療の発展と共に、認可されれば、今後値段も安くなって行けば、より使用する人も増えてくるのかもしれません。オルソラケラトロジーで行う視力回復方法でしたら、手術の心配もありませんので、早く世に広まれば良いなと感じています。

関連リンク